「生まれ変わっても専業主婦がいいですか?」に違和感――専業主婦を「選べた」時代は終わっている

身近なご夫婦で、共働きではない人を見つけるほうが難しくなってきた昨今です。厚生労働省の資料でも、1980年頃には65%ほどだった専業主婦世帯は2015年には38%ほどに減少し、いま、割合は完全に逆転しています。(文:篠原みつき)

これを踏まえた上で、先日「発言小町」に「生まれ変わっても専業主婦になりたいですか?」という質問がありました。投稿者は30歳のパート主婦で、50歳以上の専業主婦の方へ聞いています。

「当時は主婦が働くという選択肢がなかったので、あまり深く考えずに専業主婦になった方も多いと思うのですが(うちの母がそうです)生まれかわって今の時代に結婚したら、やっぱり、働いてみたいものでしょうか?」

「働くという選択肢がなかった」のではなく「働く必要がなかった」