「満員電車で犯行を撮影できるのか疑問」 山手線に防犯カメラ導入で痴漢トラブルは撲滅できるのか

JR東日本は6月6日、山手線の全車両に防犯カメラを設置すると発表した。2018年の春から設置を開始し、2020年までには設置を完了させる予定だ。

防犯カメラの設置は、痴漢の抑止や冤罪の防止にどのくらい役立つのか。落合洋司弁護士は、「満員電車の中での痴漢行為をどこまで撮影できるのか疑問は残る。しかし一定の抑止力にはなるし、証拠としても利用できるだろう」と語った。

「痴漢にもいろいろいる。座席で眠っている女性を触る痴漢には有効」