「子供・若者白書」が示す厳しい実態 いじめ約23万件に増加、ニートも依然80万人弱

内閣府は6月13日、2017年版の「子供・若者白書」を発表した。いじめの認知件数が増加を続けるだけでなく、ニートの数も4年ぶりに増加に転じるなど、若者を取り巻く厳しい状況が浮き彫りとなった。

中学校の不登校は増加傾向、小学校でも約3万人が学校に行けず