三井ホーム、終礼前の『ロッキーのテーマ』で残業時間24%減! 「流れないフロアに異動したら残業が増えた」という声も

長時間労働抑制や働きやすい職場環境作りのため、多くの企業がさまざまな取り組みを行っている。ハウスメーカーの三井ホームはBGMサービスを利用し、終礼前に『ロッキーのテーマ』を流している。導入前と導入後の半年間を比較すると、約24%の残業時間削減に成功したという。

この取り組みはUSENが提供する「Sound Design for OFFICE」を活用したもの。オフィスを快適な環境にするため、BGMを「集中力向上」「リラックス」「リフレッシュ」などに分類し、目的にあった音楽を流すことができるサービスだ。その中に『ロッキーのテーマ』を流し続けるチャンネルがある。

残業せざるを得ない人を応援するために「ロッキー」採用