1000万プレーヤーの8割は「高度プロフェッショナル制度」に賛成 一方「長時間労働が当然になる」という声も

ビズリーチは9月25日、「高度プロフェッショナル制度」についての調査結果を発表した。調査は9月4日~8日に実施し、ビズリーチ会員のビジネスパーソン806人から回答を得た。

同制度は年収1075万円以上の専門職を対象に、労働時間ではなく成果に基づいて賃金を支払う仕組みのこと。同調査回答者の平均年収は962万円となっている。

高度プロフェッショナル制度の導入について聞くと、「賛成」(37%)と「どちらかといえば賛成」(46%)の合計83%が肯定的なことが分かった。

「成果報酬型の方がモチベーションも上がるし、生産性も上がる」