民進党解体で見えてきた共産党躍進のシナリオ リベラル票が集中する可能性、広報は「手ごたえかなりある」

安保法案への賛成や改憲を打ち出すなど「右寄り」であることが明らかになってきた「希望の党」。同党に、これまで安倍政権への批判票やリベラルな人々の受け皿となってきた民進党が吸収合併されることが決まった。

リベラル派には悩ましい状況だが、そうした中でにわかに活気づいているのが共産党だ。ネット上では「リベラルの受け皿はもはや共産党しかない」といった声が続出。共産党の広報担当者も「手ごたえはかなりある」と語った。

「比例は共産党しか選択肢はない。小池のポピュリズムは全体主義への道だ」