「お祈り」された就活生対象に「不採用採用」始まる 「不採用をどう受け止めて行動するかの方が社会人生活の中では大事」

10月に入り、2018年卒業予定者の就活も、落ち着きを見せている。ただ、人材会社のディスコが10月17日に発表した調査では、全国の主要企業の42.9%が採用選考をまだ続けているとの結果が出ている。

こうした中、クリエイター支援事業や地域支援事業を手掛けるサーチフィールドは、10月19日から「不採用採用」を始めた。2018年卒の学生のうち、他社で不採用になった経験を持つ学生が主な対象だが、不採用の経験が無くとも、内定を持っていても応募可能だという。

「社会そのものの不採用通知ではない」「先行きに不安を覚える学生を勇気づけたい」