混雑率199%でワースト1位の東西線! 過酷な車内状況とメトロの企業努力のまとめ

千葉県の西船橋から東京都の中野までつながる東京メトロ東西線は、通勤時間帯に大混雑することで有名だ。

2017年7月、国土交通省による最新の鉄道混雑率データが発表されたが、同線の「木場→門前仲町」区間が前年度に引き続きワースト1位、混雑率は199%という結果だった。

国土交通省曰く、混雑率200%は「体がふれあい相当圧迫感があるが、週刊誌程度なら何とか読める」程度だという。でも、実際には手足を動かすこともままならず、不快に思いながらただ時間が過ぎるのを待つだけ……というほどの混雑ぶりであり、体感では200%を優に超えていると感じる乗客も多いようだ。

2014年には、東西線の大手町駅で窓ガラスが割れ話題になった。東京メトロによれば、人の圧力だけで窓ガラスが割れるとは考え難く、何か尖ったものがぶつかり、さらに圧力が加わったためではないか、とのことだが、ネット上では「東西線だから別段驚くことでもない」という意見も少なからず見られた。窓ガラスが割れてもおかしくないと感じるほど混雑しているのが日常風景になっているのだろう。【→詳しく見る】

「痛勤」とも言われる朝のラッシュ時、新人記者が乗ってみた