「離職率100%」を目標に掲げるIT企業が登場 エンジニアは自分の将来のために「卒業」していくのが理想的

会社経営するにあたって通常、従業員の離職率は低い方がいいとされているが、IT会社のMapleSystemsは1月10日、「離職率100%」の会社を目指すと発表した。

同社にはエンジニアの社員が多く、リリースでは「エンジニアは常に新しいスキルを求める勉強家であるべき」としている。そのためスキルアップを考えるエンジニアを応援すべく、このスローガンを掲げた。

「離職率100%」を掲げたら採用人数が月1人から月10人に