頑張った人にお寿司を! 投げ銭サービス「Osushi」、1月下旬スタート「お寿司はメタファー。お金を渡す精神的ハードルを下げる」

IT企業のウォンタは1月10日、投げ銭サービス「Osushi」の事前登録受付を開始した。サービスは1月中に開始の予定。

同サービスはWEBサイトやSNSなどに「お寿司リンク」を貼っている人に対して、1貫100円分のお寿司代を送金できるというもの。一度に最大10貫分(1000円)まで送ることが可能で、受け取ったお寿司代は現金で引き出すことができる。

同社の松田承一代表は、キャリコネニュースの取材に「11日15時現在、数千人が登録しており、今後も登録者の増加が見込まれています。想定よりかなり多く、とても驚いています」と回答した。

公式サイトのQ&Aに、

Q.お寿司って本物のお寿司ですか?
A.いいえ、お寿司はメタファーです。お寿司という名のお金のやりとりを行います。

との記載がある通り、実際にお寿司を送るサービスではない。コミュニケーションツールとして、無料でメッセージを送るのは「お茶」、送金は「お寿司」と表現している。

「お寿司はエンジニア界でコミュニケーションを活発化させるもの」