「自分が常に正しい、という考えを直したい」という悩み 妥協することがストレスになるのなら、もう直さなくていいのでは

自分が思っていることとは正反対のことが正しいとされて、イライラするということはないだろうか。

僕は常々、そんな状況にぶち当たるたびに「どいつもこいつも間違ってることにも気が付かない、鈍感な連中なんだ」と感じてしまう。

しかし、僕とは正反対の考えを持っている人々にとっては、僕の考えこそが異端なのであって、彼らにしてみれば、僕の主張なんか受け入れられないだろう。それはよく分かっている。(文:松本ミゾレ)

「基本的に反論態勢」というかなり厄介な状態