日本人が1年間になくす物の総額は約1.7兆円? 探すのに費やす時間は年間で約145時間

落とし物を追跡するIoT製品を販売するトラッカ―ルは1月30日、探し物に関する調査の結果を発表した。20~60代の男女2350人に、”家の中でよく見つからなくなる物としてイメージするもの”を聞いたところ、「ペン」(32.2%)が最も多く、「携帯電話」(16.1%)、「鍵」(13.7%)が続いた。

しかし実際に探す頻度が高いのは「携帯電話」で、週に1~2回は探していることがわかった。「ペン」や「鍵」については年に1~2回程度しか失くしていないようだ。

男性は「充電器」、女性は「財布」をなくしている模様