「不妊治療を始めてからどんどん嫌な人間になっていく」 深キョンドラマのセリフに視聴者から共感の声

筆者がはじめて不妊治療を専門としているレディースクリニックを訪れたのは35歳の時。そこから1度転院したものの、現在までに約1年間クリニック通いを続けている。最初に始めた頃、ひとつ決めていたことがあった。それは、とにかく「楽しんでやる」ということだ。ツライ、キツイなどネガティブなイメージが強い不妊治療だからこそ、いかに楽しんでやれるかが重要なことのような気がしていた。

実際、不妊治療を続けている人の声で多いものに「どんどん卑屈になる」というのがある。大金を出してツライ検査をし、治療に通い続けても成果(妊娠)がなかなか出ない。そうしている間にも、友人や知り合いはすぐ横をすり抜けていくようにどんどんと妊娠・出産していく。

受験やダイエットのように「努力した分だけ報われる」というものではないため、ココロの健康維持が難しくなり、時には何を拠り所にすればいいのか見えなくなることもある。(文:みゆくらけん)

「私も不妊治療辛くて、他人の妊娠素直に喜べなかったの思い出して泣けてくる」