“ぼっち”を実感する瞬間 「2~3羽で群れてるカラスが羨ましい」「同窓会の作り話を美容師にした時」

望んでそうなっているのか、望んでいないのに自然とそうなっているのか2パターンありそうだが、「私、『ぼっち』なんです」という人(特にネット上で)が増加している感のある近頃。

先日のガールズちゃんねるにも「『ぼっちだな~私・・・』と思う瞬間」というトピックが立つと、多くのコメントが集まっていた。

トピ主は職場で「誰とも距離は取ってないし、色んな人とも会話はするし、笑い合うこともあるんだけど」と説明した上で、

「集会など職場行事で集合する時、皆それぞれ仲の良い人と歩いているのに、私は1人で集合場所へ向かってる時に『私って、ぼっちなんだな…』と実感する」

と書き込んでいる。学校のクラスでいうと、普段はクラスメイトとわりと和気あいあいと話しているのに、いざ二人組になれと言われた時に余ってしまう人、というところか。(文:みゆくらけん)

「飲み会で盛り上がってる輪から離れた所でひたすら食べてる時」