「プレ金のために他の日に残業した」実施企業で働く人の4割 「仕事量は変わらないのに時間だけ減らせというのは理屈に合わない」

2月23日で取組みから1年を迎えるプレミアムフライデー。それに合わせてサイボウズは20日、「働き方改革」に関する意識・実態調査の結果を発表した。調査は今年1月にインターネットで実施し、20~50代の中間管理職の男女500人から回答を得た。

ノー残業デー、残業時間制限などの労働時間を制限する「働き方改革」が勤務先で始まったと回答した人は42%。そのうち70%は「会社・部署の業務効率は上がっていない」という。

「早く帰ったらその分どこかでやらなければならないから、結局何も変わっていない」