プレミアムフライデー、中小企業で全く普及せず もともと余裕がなければ実施困難

開始から1年経ったプレミアムフライデーだが、一部の大手企業でしか実施できていないようだ。インテージは2月20日、一都三県に住む20~59歳の男女有職者3251人を対象に実施した、プレ金に関するアンケート調査の結果を発表した。

プレ金を「知っている(内容まで知っている+聞いたことはある)」人は97.0%に達している。昨年2月の69.7%を上回っており、この1年で認知度が上がったことがわかる。一方、勤務先が「奨励・実施している」人は11%に留まっており、昨年の10.5%からさほど増えていない。

「大手でもサービス業は、稼ぎ時なので早く帰れるわけがありません」