「1年目は月収6万。貯金を切り崩して生活してた」 低賃金・長時間労働、でもアニメーターを辞めない理由(1)26歳男性の場合

激務薄給な仕事の代表格として挙げられることが多い「アニメーター」。実態調査によると、20代のアニメーターの平均年収はや110万で、月収換算すると約9万円となる。アニメーター支援機構によると「月収が3万円以下のこともある」という。

一般的にアニメーターのキャリアは、動きのキーとなる”原画”の間の絵を描く「動画マン」から始まる。作画スキルが上がると原画を描く「原画マン」になり、原画や演出などの現場監督である「作画監督」、絵柄を統一しキャラクターデザインを兼任することも多い「総作画監督」、アニメのすべてを統括する「監督」を目指す人もいる。

実際、若手アニメーターの「動画マン」「原画マン」はどのような待遇で働き、どのような将来を考えているのだろうか。今回は26歳の男性原画マンに話を聞いた。

どんなに低賃金でも食事はシッカリ「1日カップ麺1個の生活をしていた人は倒れていた」