「結婚はいいけど子どもは絶対に作らないで」 保育士業界の闇、プレッシャーで中絶に追い込まれた女性も

「子どもができてすみません」――保育士として働く妻の勤め先で決められた妊娠の順番を破ってしまったために、夫婦で謝罪に行ったという夫からの新聞投書が「闇が深い」と話題になっている。

普通の感覚からすると信じられない話だが、残念ながら保育士の世界ではこうした理不尽がまかり通っているのが実情だという。保育の現場で働いていた女性たちに話を聞いた。(取材・文:千葉こころ)

「そんな身体で仕事できるの?」 無理して働いて切迫流産で入院