ドイツ国旗の黄色、実は金色だった! 駐日ドイツ大使館が説明、19世紀の軍服がモチーフ

国家の象徴である、国旗。日本は太陽を象徴としており、伝統色の紅白が使われている。他国の国旗にも色や柄にもさまざまな意味が込められているが、ドイツ大使館が3月9日、ツイッターでドイツ国旗の色について投稿し、ネット上で話題になっている。

「皆さんドイツ国旗の色、ご存知ですか?上から黒・赤・金(黄色ではないんですよ?!)です。170年前の今日である1848年3月9日、当時のドイツ連邦が黒・赤・金(黄色ではない)に決定しました」

「黄色」ではなく「金」と2度繰り返すところから、よく間違えられていることが垣間見える。

黒いマント、赤い肩章、金ボタンに由来 自由と統一の象徴