森友問題、自民・和田議員「官僚の暴走」と強引な政権擁護 「このレベルの議員しかいないのか」「呆れを通して絶望」という声相次ぐ

森友学園の国有地取引に関する決裁文書の改ざんについて、参議院予算員会で集中審議が行われている。

3月19日には、自民党の和田政宗参議院議員が質問に立ち、強引な政権擁護を展開。全ての責任を財務省に転嫁した。ネットでは「ただただ呆れる」「絶望」といった批判の声が上がっている。

太田理財局長に「安倍政権を貶めるために、意図的に変な答弁をしているのでは」と発言