男性の3割が「育休制度がない」と誤認 就業規則に記載がなくても申請可能、認知広がらず

DeNAトラベルは3月20日、「産休・育休」に関する調査の結果を実施した。調査は今年2~3月にインターネットで実施し、10~70代の男女596人から回答を得た。

仕事と育児、どちらを優先したいかを聞くと、男女ともに「どちらとも言えない」(男:38.3%、女性:35.6%)が最も多かった。

ただ男性は「仕事をしたい」「どちらかと言えば仕事を優先したい」(合計46.6%)が多く、女性は「育児を優先したい」「どちらかと言えば育児を優先したい」(合計45.9%)が多数派となった。

育休を取らない理由、2割の男性が「取得する理由がない」