就活生がインターン体験で嫌だったこと「残業しないと終わらない」「サイトを見れば分かるほど薄い内容だった」

ディスコは3月30日、2019年卒のインターシップに関する調査結果を発表した。調査は今年3月にインターネットで実施し、2019年3月に卒業を予定している大学3年生と大学院修士課程1年生のうち、1社以上のインターンシップを経験している686人から回答を得た。

インターンシップ先を探す際に重視した条件を聞くと、最も多かったのが「就職を希望する業界であること」(「とても重視した」「やや重視した」合計84.9%)。次いで「学業に支障がでないこと」(76.7%)、「就職先として本命の企業であること」(68.8%)と続く。

「選考に関係ないといいながら、良い成果を残した人は最終選考からスタート」