気が合わない新入社員、どうやって仲良くなればいい? 4つのタイプに分類してコミュニケーション攻略

新年度になり、職場に新入社員が配属されたという人も多いだろう。リクルートマネジメントソリューションズは3月、「タイプ別コミュニケーション法」を発表した。

近年の社員は「ミレニアル世代」「ゆとり世代」と言われており、世代間で仕事に対する価値観にもギャップがある。同社はコミュニケーションを円滑にするには「まず自分と相手のソーシャルスタイルと行動傾向を知ることが重要」として、コミュニケーションのスタイルを4タイプに分類。ここではタイプ別の特徴と適した対処法を紹介する。

「ドライビング」にはデータを元に理論、「エミアブル」には意見が言いやすい環境を