独身女性が「おひとりさま」を覚悟するのはいつ? 「結婚も恋愛も幸せではない」と考える男女が3割

生涯未婚率は年々上昇傾向にある。2015年時点で男性が23%、女性が14%で、2035年には男性29%、女性19%にのぼると推計されている。

そんな中、リサーチ・アンド・ディベロプメントは4月12日、「恋愛・結婚・消費」についての調査結果を発表した。調査は昨年10月にインターネットで実施し、東京・神奈川・埼玉・千葉在住の30~59歳の男女3395人から回答を得た。

「恋愛しないよりした方が幸せ」と「結婚しないよりした方が幸せ」と回答した人の割合を見ると、独身男性(809人)の2つの数値は連動して推移している。

一方、独身女性(795人)は「恋愛しないよりした方が幸せ」の割合は年齢を重ねるごとに増加傾向にあるが、「結婚しないよりした方が幸せ」は30代(49%)から50代後半(20%)にかけて29ポイント減少。45歳以降は、2つの項目が反比例していることが分かった。

45歳境に「子どもが欲しい」減少、「一人で生きられるならそうしたい」増える