絵を描いてほめ合ってストレス解消する”ほめ活”研修 「現代日本は”ほめ”が足りていない」

日本パステルシャインアート協会は5月23日と26日、企業の人事担当者などを対象に、絵を描きながら互いに褒め合う研修「ほめ活アート」の説明会を実施する。

同研修はストレス軽減とコミュニケーションの改善を図ることを目的とし、最近では本田技術研究所などでも導入され、好評を博した。研修の内容については「パステルで簡単な絵を描くことで場が盛り上がり、自然にほめ合うモードができる企業向けストレスケアメソッド」と説明する。

「ほめ活アート」の研修とはどのようなものなのか。同協会代表の江村信一さんは「現代日本には”ほめ”が足りていません」と話す。

「パステルアートを描くことで自己肯定感が向上する」