「子どもの泣き声に耳栓されて心が折れた」新幹線で隣人の対応嘆く母親に批判と心配の声「どう読んでも育児ノイローゼ」

はてな匿名ダイアリーに4月16日、こんな投稿がありました。子どもと2人で新幹線に乗った母親から、隣に座っていた女性の態度が悲しかったと訴えるものです。

出発後20分もしないで子どもが泣き出したため、母親は、窓側にいた女性客に謝ってデッキに移ろうとしました。しかし、女性は無表情でノートパソコンを閉じ、こちらに目もくれず耳栓をして寝てしまったとのこと。話しかける隙はなく、

「その我関せずの態度が、何故かものすごく悲しくて涙が出そうだった」

と嘆いています。(文:篠原みつき)

「あの人にとっては、私も子供も『無』だった」