絶対彼氏と観たくない!映画『娼年』の濡れ場は参考にしちゃダメ 観てほしいのは”女性への接し方”

「松坂桃李が濡れ場に挑んだR指定の映画」――現在公開中の映画『娼年』には、最初そんな印象を持っていました。だってあの松坂桃李さんが脱ぐんですよ。高校生は観られないんですよ。気になって仕方がありません。ツイッターで感想を見てみると、

「これから松坂桃李をエロい目でしか見れない」
「娼年すごかった…エロいとかじゃなくてなんかもう、ほんとすごい」

などの声が寄せられています。中には「松坂桃李とセックスした気になれる映画」なんてものもあります。しかしその一方で、「エロいですが興奮はない。ヒューマンものとして、素敵な映画でした」という声も少なくありませんでした。え、エロなの? エロじゃないの?

R-18にも関わらず大ヒット中の同作品、一体どんな映画なのでしょうか。彼氏が欲しいアラサー女子が観てきました!(文:市ヶ谷市子)

「女性は5人いれば5人だけの欲望がある」