「パチンコで10万も負けてる人、途中で帰りたくならないの?」いい質問ですね!答えはNOだ! | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「パチンコで10万も負けてる人、途中で帰りたくならないの?」いい質問ですね!答えはNOだ!

画像はイメージ

去年、キャリコネの記事で「スマスロのキン肉マンを打って10万負けた」という話をした記憶がある。10万。大金だ。しかもこれ、1日で失った金額である。パチンコ・パチスロも射幸性は機種ごとに様々で、低投資で遊べるものもあれば、肉を斬らせて骨を断つような捨て身で掛からないと出玉が得られないような台もある。

キン肉マンはその筆頭みたいな機種だ。既に導入からだいぶ時間は経過したので設置も減っているが、まだまだ色んなホールで見かける。先日も数千円で当てて6万円ぐらい勝てたが、多分この台のトータル収支はまだ赤いはず。それぐらい難しい台なのだ。

このように、ギャンブル依存の人間から、しばしば「この台は荒いから、数万負けるのはスタートラインなんだよね」という認識で捉えられている機種はある。必然、10万負けも、それ以上の負けも発生するものなのだ。

今回はもうちょっとこの辺りのことを詳しく、パチスロとパチンコの場合に分けて説明していきたい。これを読めば、バカな依存症のユーザーがなぜ10万も15万も負けるのか、ちょっと理解できるかも!? (文:松本ミゾレ)

上位に突入さえすれば……とお金が減っていくパチスロ

まず、大負けぶっこいてるのに遊技を続行する人が存在する理由。これのパチスロ版から解説していきたい。

闇雲に打っているだけの人もいるにはいるが、多くの場合、お金を延々サンドに突っ込むには相応の理由がユーザーの中にはあったりする。設定状況が良さそうだけど、自分のヒキがついていってないとか。あるいは天井まで追いかけているとか。

色々あるんだけど、昨今よく目にするようになった、通常の当たりのさらに上、文字通りの上位大当たりを搭載している機種などは、その上位突入もなかなか難しい。これにどうにかぶち込みたいと考えて、黙々とお金を入れる人が昨今増えている。

しかし無鉄砲に打っているだけではとうとう終日、一度も上位に突入させることができないままということも多い。その場合は10万、15万も負けるのは当たり前の話である。傍から見ればそういう人というのは「なんであんなにお金入れてるんだろう」と思われるに違いない。

それこそ先日も5ちゃんねるに「パチンコで今日10万15万負けたみたいな報告あるけど」というスレッドが立っていて、スレ主は「そんなに負けてたら途中で帰ろうと思わんもんなの?」と疑問を抱いている。

普通に考えればその通りなんだよね。ただ、当事者の本心ってのは結果だけを見てもなかなか分からないもので、実際に一部の機種となると、上位に突入させさえすれば、そこから数万円規模の出玉が得られるということが珍しくない。場合によっては10万入れててもプラスに戻すこともできるだろう(15万以上となると厳しいかも…)。

で、そういう荒い台に延々お金を入れている人ってのは、往々にして過去にその機種の上位大当たりを体感したことがあるもの。
一度その威力を体感しただけに、歯止めが効かないお金の使い方をしているというわけだ。また、近年はある程度までハマってしまうと、救済措置として上位大当たりにいきなり突入できるような仕組みを搭載している機種も出ている。

なのでその救済発動までお金を入れているという人もいるんだけど、この救済の発動条件も色々と不明なところもあり、やはり10万ぐらいないと不安。なので狙えるものではないんだけど、狙っちゃう依存症ユーザーもいるんだよなぁ。上手いこと作ってるよね、メーカーもね。

運だけの勝負になりがちなパチンコ

ではパチンコはどうか。こちらも10万、15万負けという文字通りの大敗を喫する人もたまに見かけるが、パチンコというのは天井がない。ないというか、数年前に天井機能が搭載されたのに、あっという間に廃れてしまった。

曰く「天井があると途中でやめにくい」んだと。僕なんかは「バカだなぁ、天井まで回せば絶対当たるんだから、天井撤廃なんかしなくていいのに」という立場だったし、実際この天井がある時期だけパチンコにも復帰していた。でも廃れた。

で、結局今となっては青天井の機種を、ひたすら初当たりを取るまで追いかけるという昔ながらの状態に戻っている。昔ながらとか言っても、昔ほど回らないんだけどね。

しかも大当たり=連チャンというわけではなく、その初当たりの数割とかでちゃんとSTやら確率変動やらを獲得していなければ話にならない。大当たり確率が1/319だとして、確変突入率50%なら、実際のスタートラインとなる当たりの確率はその倍ということになる。こんなもんを追いかけるわけなんだから、そりゃあ10万も15万も負ける人もでるわな、という話なのだ。

しかもパチスロであれば1000円単位での平均的な回転率は保障されているが、パチンコの場合は釘が渋いとそもそも抽選を受けられる回数が減るので、余計に運だけの勝負になりがち。今は不景気なので、なかなかどの店も、釘を開けてはくれない。

一方で昨今の機種の出玉スピードは尋常じゃなく早いので、短時間で数万円分の玉が出ることはザラ。使った大金に見合うだけのリターンを得ることも、まあそこまで非現実的な事例ではないのかもしれない。でも当たらなければ意味がないし、仮にSTなり確変なり入れても、即落ちしてしまうこともあるので、安定感はないよね。

以上、10万以上使っちゃう人の傾向をパチスロとパチンコに分けて大まかに説明したところである。

ちなみに前述のスレッドでは他にも「途中からどうでも良くなって惰性で打つ奴が多い」という書き込みもあった。負けが込むと財布の中の万札が紙きれに見えてくることもたしかにあるので、正直そういう人たちの気持ちも分かる。分かっちゃダメなんだけど。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ