児童虐待、どう防ぐ?「家出も一つの方法。立派な自主避難」 今一生さんが筑波で講演

ライターの今一生(こんいっしょう)さんが5月12日、児童虐待防止をテーマに講演を行った。場所は、筑波大学の近くにあるコワーキングスペース「Tsukuba Place Lab」。筑波大学2年生の山口和紀さんが児童虐待の現状に向き合おうと講演会を企画した。

今一生さん

今一生さん

今さんは「核家族が一般的になり、共働きの親が孤立している。2人とも正社員で働きながら子育てをすれば、ストレスを抱え、虐待の危険性が増す。子育ての責任をシェアできれば」と話した。

「共働きの夫婦の子育ては大変。親が孤立してストレスを抱え込むことも虐待につながる」