都内初・身体障害者専門の結婚相談所がオープン 健常者との出会いの場も提供

婚活支援事業を行うキャピタルウィンパートナーズは5月、身体障害者専門の結婚相談所「ノーマライズ」を東京都内で立ち上げた。利用できるのは満20歳以上で身体障害者手帳を持つ独身の人。男性の場合はこれに加え、身体障害者就労継続支援事業所A型を含む、定職を持つ人が対象となる。なお、男女共に、複数の障害がある重複障害の人は対象外となっている。

同社の担当者によると、一般的な結婚相談所ではこれまで、「プロフィールや写真を見て、障害があると分かると事前に弾かれてしまう」ことがよくあったという。

「特に顔に障害がある人の場合は顕著でしたが、歩行障害なども同様です。見た目ではわからない障害を持つ人がお見合いを申し込む際、担当者に障害の内容を告知する必要があるためか、結構な割合でお見合いに至りませんでした」

7月には身体障害者限定の婚活パーティ開催 介護福祉士もサポート