高プロ、新たな問題点が続々 年収には通勤手当を含み、勤務間インターバルも導入せず

政府や財界が成立を急いでいる高度プロフェッショナル制度。これまでも”過労死を増やす”として批判を浴びてきたが、法案が審議される過程で様々な問題点が明らかになってきた。

厚生労働省は6月14日の参院厚労委で、同制度の年収要件となっている1075万円には通勤手当も含まれるとの見解を示した。立憲民主党の石橋通宏氏が「通勤手当など、手当は(年収に)入るのか」と尋ねたところ、山越敬一・労働基準局長は「(額の決まった通勤手当のように)確実に払うものは入る」と回答したのだ。

働き手の健康よりも経営者の都合優先、「勤務間インターバルは労務管理上の問題あり」