医師の8割「医師の働き方改革は期待していない」と回答 「患者の病状はコントロール出来ない」「一律な基準を当てはめるのは困難」

エムステージは7月2日、「医師の働き方改革」に関するアンケート結果を発表した。「Dr.転職なび」「Dr.アルなび」の会員医師2万2000人からの回答を得た。

先日成立した働き方改革関連法案には、時間外労働の上限規制が含まれていたが、医師は医師法に基づく「応召義務」などの特殊性から、5年先送りとなった。厚労省の「医師の働き方改革に関する検討会」で、規制のあり方や労働時間の削減が検討される中、労働環境や意見についての調査を実施した。

「医師の働き方改革に関する検討会を知っているか」と聞いたところ、「聞いたことはある」(58%)が最も多く、次いで「よく知っている」(12%)、「知らない」(30%)と続いた。

医師の働き方改革の必要性については、「必要ではある」(52%)と「非常に必要だ」(20%)の合計が7割を超えた。

「休暇を取った際、代理をする医師の数が増えるとも思わない」という声も