東京医科大「学生の個人情報守って」文科省局長の収賄容疑巡り声明 出身高校や名前などネットで噂が拡散

文科省科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者が7月4日、私立大学研究ブランディング事業で東京医科大を選定する見返りに、自身の子どもを同大学に入学させた疑いで逮捕された。

東京医科大は同日、公式サイトに「多大なご迷惑、ご心配をおかけしていることに深くお詫びを申し上げます」「大学として捜査に全面的に協力しているところ」という声明を発表しているが、これとは別に同日、「本学学生の個人情報保護についてのお願い」も掲載。

「本学の特定の学生について、SNS等で個人情報が拡散されています。何卒、ご配慮いただきますようよろしくお願い申し上げます」

と、呼びかけている。

同じ名字の学生「息子と勘違いされ、ツイッターや顔写真が拡散され迷惑かかっている」