過労死認定されたゴンチャロフ社員、上司から執拗ないじめ 廃棄品出すと「お前が牛のエサをいっぱい作るから大変や」

兵庫県の洋菓子メーカー「ゴンチャロフ製菓」で、当時20歳の男性が2016年6月に自殺したのは、上司の叱責や恒常的な長時間労働が原因だとし、西宮労働基準監督署は7月5日までに労災認定した。認定は6月22日付。

男性は2014年に同社に正社員として入社後、工場でゼリーやチョコレートの製造に従事していた。2015年の秋からは「ワンショット」と呼ばれるチョコ製造機のライン責任者に就いていたが、上司にあたるグループリーダーからの執拗ないじめやパワハラに遭っていたという。

「お前が辞めたら、出身高校から採用しない」という脅しも