先輩社員の3割「若者には学ぶべきところがある」 一方、学ぶ志向が低い人は「若者は愛社精神がない」「自分勝手」と評価

リクルートマネジメントソリューションズは7月10日、「若者から学ぶ大人」の実態調査の結果を発表した。調査は今年3月にインターネットで実施し、30~65歳までの会社員444人から回答を得た。

若者に対して、「知識・スキルを教えている」と思っている人は40.8%。また「考え方や価値観について教えている」という人も24.3%いた。

一方、若者から「自分にない知識・スキルを学んでいる」(20.3%)、「自分にない考え方・価値観を学んでいる」(23.2%)も2割程度。「今の若者は、自分たちの世代にはないよいところや学ぶべきところがある」(27%)は3割近くが回答していた。

50代よりも30代の方が若者から学んでいる傾向