林修、「日本の教育制度は150年遅れ」と指摘 「集団教育自体が、時代遅れで不幸なシステム」

7月8日に放送された『初耳学』(TBS系)では、林修氏が教師志望の学生を相手に、様々な質問に答えながら、現行の日本の教育システムや部活動についての考え方を問いた。

「日本の教育制度は150年遅れている」「部活動を学校でやらなければいけないというのは思い込み」などを主張し、学生たちに新たな価値観を与えた。(文:石川祐介)

「最もシステムが遅れているのが教育制度といっても過言ではない」