郡山市長の「たばこは薬物」発言が波紋呼ぶ 禁煙学会は「当然の発言」と擁護

福島県郡山市の品川萬里(まさと)市長が先月4日、「たばこは嗜好(しこう)品ではなく薬物だ」と発言し、波紋が広がっている。市議会議員が市長の発言を批判し、たばこ農家や愛煙家への謝罪を要求。日本たばこ産業(JT)郡山支店ら10団体は7月10日、発言の撤回を求める意見書を提出した。

意見書では、郡山市内に葉たばこ農家が46戸(面積31ヘクタール)、たばこ販売店が520店あることから、たばこで生計を立てる人々への影響を懸念。さらに”薬物”という表現が非合法の麻薬等を連想させることから、

「たばこは合法な商品であり、かつ多くの方々から愛される嗜好品であることは間違いないところです。そのたばこを生業として生計を立てている多くの方々とその家族から、この発言は心外であるとの声が多数聞かれるところです」

と市長の発言を批判している。

日本禁煙学会「たばこが薬物だというのは当然のこと。嗜癖品と言うべき」