【徹底比較】PB・激安「第3のビール」14種、どれが一番美味いのか 「100円近辺」は当たり外れの強い魔の価格帯

暑い日には、キンと冷えたビールが飲みたくなる。しかし「ビールは高いから第3のビールで我慢」と言う人も少なくはないはず。近年、ビールの出荷量が減る一方で、いわゆる「第3のビール」の出荷量が増えている。

ざっくり説明すると日本でビール系飲料は「ビール」「発泡酒」「その他の発泡性酒類」に分けられる。価格はビールが180円前後、発泡酒が130円前後で、「第3のビール」(その他の発泡性酒類)が最安だ。大手メーカーも「クリアアサヒ」「のどごし生」「金麦」など、第3のビールを「新ジャンル」と銘打ち、110円前後で販売している。

ただでさえ安価なのに、「プライベートブランド」(以下、PB)になると更に安くなるものもある。PBとは小売店や卸業が独自で出しているブランドのこと。「トップバリュ」(イオン)や「セブンプレミアム」(セブン&アイ)といえばわかりやすいだろう。

今回、キャリコネニュース編集部はPBを中心とした「激安第3のビール」12種類を飲み比べした。値段は最高で114円、最安で74円(すべて価格は税別)。価格競争甚だしい激安ビール、どれが一番美味しいのだろうか。

クセモノ揃いの「ベルギー産」ビール 同じPBでも味に大きな差が