「自民党に入って良かった」LGBT巡る発言で大炎上の杉田水脈議員 「先輩議員は『問題ない』と言ってくれた」とツイートし再炎上

保守系で知られる自民党の杉田水脈衆議院議員のツイッターに、批判が集まっている。

杉田議員は「新潮45」8月号で「LGBT支援の度が過ぎる」というタイトルで意見を掲載。「LGBTは子供を作らない、つまり『生産性』がない」「そもそもそんなに差別されているものなのか」といった内容に批判が殺到した。

杉田議員は7月22日、自身のツイッターでこれに関し、自民党の議員から慰めの言葉をかけられたことを明かした。

「自民党に入って良かったなぁと思うこと。『ネットで叩かれてるけど、大丈夫?』とか『間違ったこと言ってないんだから、胸張ってればいいよ』とか『杉田さんはそのままでいいからね』とか、大臣クラスの方を始め、先輩方が声をかけてくださること」

自民党ではLGBTの理解促進を担当する議員自身がLGBTを全く理解してない?