大阪府知事「オカマもゲイも納税者だから生産はしてる」が物議 ツイート削除して謝罪「不適切な表現がありました」

自民党の杉田水脈衆議院議員が「新潮45」8月号上で繰り広げた、性的少数者への差別的な言説が、大きな波紋を広げている。同じ自民党の武井俊輔衆議院議員からも、寄稿の内容について

「一部の特殊な犯罪者やテロリストを除けば、生産性のない人間などいません。劣情を煽るのは政治ではなくて単なるヘイト」

と、批判が出ている。

大阪維新の会に所属する松井一郎大阪府知事は7月23日、自身のツイッターで杉田議員の主張に言及。朝日新聞が報道した杉田議員の記事を引用し、「オカマもゲイも納税者だから生産はしてるでしょ」とコメントした。しかし、「オカマ」という表現や、経済的生産性の有無を人間の評価基準とする発言内容に「なんでLGBTを言い換えたん?」「二重三重におかしい」などと批判が集中。翌日24日にはツイートを削除する事態になった。

「生産性(納税)で足切りするのが当然のように言われても」