灼熱の甲子園、選手が体調不良でダウン 球児たちの「助け合い」を美談で終わらせてしまっていいのか

灼熱の甲子園、選手が体調不良でダウン 球児たちの「助け合い」を美談で終わらせてしまっていいのか

第100回全国高校野球選手権大会が8月5日に開幕。各地で予選大会が行われた先月、応援団の生徒や保護者だけでなく、試合に出場している選手も熱中症になったというニュースが繰り返し報じられた。

これらのニュースを受けてか今大会では、開会式の途中で”給水タイム”を設けたり、観客の熱中症を予防するため各入場門に大型扇風機を設置したりなど、暑さ対策を実施している。ただ、その程度の小細工で今年の猛暑を乗り切れるわけがない。

そして、大会2日目8月6日の第3試合、沖学園(南福岡)対北照(南北海道)戦でプレー中の選手が体調を崩してしまうという事態が起きた。(文:宮西瀬名)

新聞は「友情のアシストプレー」などと美化してるけど……

9回表の沖学園の攻撃中、吉村侑希選手が左中間に放った打球を左翼の岡崎翔太選手が処理した際、両足ふくらはぎが痙攣し、立ち上がれなくなってしまった。