一人で外食、どこまで行ける? 「一人で回転寿司」は女性の2割以上が経験

「ひとり飯」の経験がある人は、85.4%。いまやランチやディナーをひとりで食べるのは普通であることが、ぐるなびが9月12日に発表した調査結果でわかった。そうした人を見かけても約8割が「寂しそうに思わない」と答えており、受け入れられつつある。

一人で夕食を取る際の飲食店の業態について聞くと、男性は「ラーメン・餃子店」が圧倒的に多く69.5%、次が「定食屋」(61,1%)、「そば・うどん」(54.6%)となっている。意外なところでは「回転寿司」(33.9%)、「焼肉店」(17.4%)という人も一定数いた。

女性では「喫茶店・カフェ」(50.5%)、「ファーストフード(ハンバーガーショップ)」(49.8%)「ファミリーレストラン」(49.5%)、が多かった。「ラーメン・餃子店」(45.7%)に行くという人も半数近くいた。「回転寿司」に行く人も22.8%で意外と気にしないようだ。

調査は、今年8月28日~9月3日、20?60代のぐるなび会員を対象に実施。2625人から回答を得た。

「自分のペースで食べられる」「気をつかわなくていい」がメリット