直木賞作家・西加奈子、南海キャンディーズ山ちゃんに結婚のアドバイス「結婚をいいもの、幸せになるものだと思い過ぎてる」

10月7日放送のトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に、南海キャンディーズの山里亮太さん(41)と、オードリーの若林正恭さん(40)、直木賞作家の西加奈子さん(41)が出演した。「若林くんは人間一回目って感じ」「(山里さんの劣等感に)GPS狂ってんのかな?」など、西さんが放つ言葉のセンスに注目が集まったが、西さんの結婚観や恋愛観についても共感を呼んでいた。

同世代の3人のうち、結婚して子どもがいるのは西さん一人。「幸せになったらタレント生命が終わる」と怯える山里さんは、西さんに「子どもを産むと(作家として)変わる?」と聞くと、「変わると思ったけど、変わらへん。人間ってひとりよ、やっぱり。基本孤独やと思う。悪い意味じゃなくて」という答え。自身に関しては子どもが出来たからといって作品には影響しないという。(文:okei)

「結婚してよかったことは、『結婚しないの?』と聞かれなくなったこと」