理想の通勤時間、平均29分に対し現実は47分 「時間短縮のため引っ越した」という人も4割 | キャリコネニュース
おかげさまで9周年 メルマガ読者数
65万人以上!

理想の通勤時間、平均29分に対し現実は47分 「時間短縮のため引っ越した」という人も4割

不動産サイトのアットホームは6月13日、「電車通勤の実態調査」の結果を発表した。自宅を出てから会社に到着するまでの「理想の通勤時間」(片道)は、平均で29分だった。しかし実際には平均47分をかけて通勤しており、ギャップが見られた。

調査は、今年5月2日~3日、一都三県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の賃貸物件で一人暮らしをする20~30代の会社員を対象に実施。619人から回答を得た。

通勤時間の限界は「51~60分」が最多

通勤時間の理想は……?

通勤時間の理想は……?

実際の通勤時間は、「41~50分」(23.9%)が一番多く、「31~40分」(21.8%)、「51~60分」(18.3%)が続いている。中には、片道1時間以上かける人も1割ほどいる。

また、通勤時間が何分までなら耐えられるか聞いたたところ、「51~60分」が43.4%で最も多く、平均は65分になった。やはり我慢できるのは1時間前後まで、という人が多い。

「出勤時の電車内の居心地は100点満点中何点か」を聞くと、平均で47.7点だった。「座席に座れることが多いか」の質問に、「はい」と答えた人は29.4%しかいなかった。

通勤は毎日のことなので、ストレスがたまるものだ。「通勤時間の短縮のために引っ越した」経験がある人は37.3%いる。転居によってカットできた通勤時間は平均で29分だった。

通勤電車の中で20代男性は「勉強」「新聞を読む」、20代女性は「SNS」をする人が多い

「通勤電車の中でしていること」としては、「音楽を聴く」が64.5%が一番多い。「ネットサーフィン」(48.6%)、「ニュースサイトを見る」(47.2%)、「SNS」(46.2%)が続いた。満員電車ではスマホ操作もままならないため、音楽を聴く人が多いのだろう。不快な気持ちも好きな音楽で抑えられそうだ。20代男性では「勉強」や「新聞を読む」、20代女性では「SNS」をする人が多い特徴があった。

通勤電車ではしばしば遅延が発生する。「会社に対して遅刻しそうになる際の連絡手段」を聞くと、「電話」が59.3%だが、「電話以外(メールやLINE)」と答えた人も38.7%いた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

人気記事ランキング

  1. 激務薄給のアニメ業界 半数が「月間225時間以上」労働、4割弱が手取り20万円未満
  2. 読書量が多い小学生は偏差値が上昇 特に算数で顕著、読む子どもと読まない子どもで約5ポイント差が開く
  3. 帝国ホテルのバカッター騒動で考えるサービス業のあり方 時給1000円のバイトが働く現場で「最高のおもてなし」は維持できるのか
  4. 氷河期世代を冷遇しておいて「技術力ある即戦力」なんて虫が良すぎる! 「おじいちゃんと新卒だけ」の日本企業
  5. 「不登校でゲームばかり」親の心配に専門家のアドバイス 「ゲームにはプラスの面がたくさんある」が注目集める
  6. 有吉、アナウンサーの台風中継に「見たかねーよ」と苦言 「早く車入って気をつけてくださいって、じゃあ行かすなよ」
  7. 「妊娠の順番を破ってすみません」勤務先の保育園に謝罪した投書が「闇すぎる」と話題 「うちも毎年二人までって決まってる」
  8. お盆の渋滞予測、8月11日がピーク 相模湖IC付近では45キロメートルになる可能性も
  9. 巨木を運ぶことは人間のエゴなのか――プラントハンターが「世界一のクリスマスツリー」輸送プロジェクトにかける想い
  10. 「スズキこそ我々ハンガリー人の車」 進出決めた修氏「当時は気の毒な立場にあった」と振り返る

アーカイブ