ビ・ハイア元スタッフ、自殺女性がブログに残していたもの「死ぬしかないって思うことは何度もあった」「成長する感じが楽しい」

求人広告会社ビ・ハイアで働いていた当時30歳の女性が今年2月に自殺したのは、社長のパワハラが原因だとして、10月17日、女性の遺族と元同僚らが東京地裁に訴えを起こした。報道によると、女性は新卒入社後、同社や関連会社と業務委託契約を締結していた。しかし、業務の指示は社長から出ており、実質的には同社と雇用関係にあったという。

女性は生前、ビ・ハイアが運営するサービス「ラクビジシステム」のブログで3回、同社の新卒採用に関する記事を書いていた。そのうちの1つ、2015年12月に掲載された記事「◯◯(編注:社長実名)社長について行けない!辞めよう!と思った瞬間は?女性執行役員〇〇(編注:亡くなった女性)が語るそれでも続けているのは?なんで?」からは、同社の労働実態が垣間見える。

卒業旅行当日に「文面に気合が入ってない」理由にブログ書き直し指示