40代上司と20代部下の立場を逆転させてみた 若手から「自分宛ての電話が多いのに取らない」「オヤジギャグ」など上司に不満炸裂

40代上司と20代部下の立場を逆転させてみた

40代上司と20代部下の立場を逆転させてみた

コンサルティング業務などを行うWは10月中旬、部下と上司の「普段言えない本音」を描いたWEB動画を公開した。

「コミュニケーションが憂鬱な相手」を聞くと、「会社の上司」が47%で最多。これを受け同社は、WEB制作を行うイートラストの42歳の上司と24歳の部下の立場を逆転させ、業務を取り組んでもらう体験企画を実施。その様子をドキュメンタリー映像にした。

入れ替わる前、上司は部下について、「ゆとり(教育)を受けているかいないかがすごいわかりますね。僕ら世代はホントに全然ゆとってないんで」とコメント。部下として業務にあたることについては、

「自分若い頃は頑張ってきたんで、それをそのままやればいいのかなと。今後の若手の仕事っぷりというか、そこにいい影響を与えればいいのかなと思いますけど」

と語った。一方、部下は「最近の若い子はって言われるの、僕はすごい嫌い。どの時代でも言われてることじゃないですか」と述べた上で、「自分の出来ないことは下には注意しないというのを、僕はスタイルとしてやっていくつもりではあります」とコメントした。

一方、上司の方も「スマホいじりすぎ」「情報ソースがほぼSNS」など部下に不満