USJ、ハロウィンアトラクション高額転売で「転売チケット利用不可」ツイート 「QRコードを無効化している」と警告

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは10月26日、ツイッターの公式アカウントで転売チケットの利用を禁止すると改めて告知した。同社は特定チケットが、チケット売買サイト「チケット流通センター」に「継続的に大量出品されていることを確認しています」と述べた上で、

「チケットの転売は固く禁止されています。転売チケットは利用できません」

とツイートした。

26日20時現在、チケット流通センターには46件の出品がある。最も高価格がつけられているのは、すでに完売した新登場のハロウィン期間限定体験型ホラーアトラクション「ホテル・アルバート」の完全体験パスで、3万3000円。定価5480円の約6倍だ。

これについてツイッターでは転売禁止に同意の声が寄せられたが、USJのチケットは日時指定かつキャンセル・変更不可であることから、

「せめて1週間前までキャンセルや変更可であれば(略)、タイミング良く買える他のゲストにとってもありがたいです」

などの声も寄せられた。しかしキャリコネニュースの取材に、USJ広報担当者は「そうすると転売屋の行為を補償することになる」とコメントした。

転売対策として「チケットの追跡および特定し、QRコードを無効化」