フィフィ「優秀な外国人労働者の流入で日本人があぶれると、敵意が外国人に向く」と危機感語る

増え続ける外国人労働者。2017年には128万人と過去最高に達した。特に製造業で多いという。エジプト出身のタレント・フィフィさん(42)が、10月25日放送の「モーニングcross」(TOKYO MX)で、外国人労働者の流入によって、職にあぶれた日本人が「外国人に敵意を向ける危険性」について言及した。

外国人労働者の流入について、矢野経済研究所・社長の水越孝(57)氏は、「海外の方が日本で働くのは構造的に避けられない流れ」として、その先にある「弱者を敵視する社会」を、イギリスの「チャヴ現象」を例にあげ解説した。(文:okei)

国内の弱者叩く風潮「本来は社会問題として扱うべき問題が、自己責任論に置き換えられた」