藤田ニコル、ハロウィン痴漢は「自己責任」に反論 「痴漢してくる人が100%悪い。でも嫌な思いをする前に対策すべきと言いたかった」

例年、ハロウィン時期となると仮装した若者でごった返し、今年も逮捕者が出た渋谷。タレントの藤田ニコルさん(20)は自身のハロウィンに関するSNS投稿に関して、再度見解を示している。

藤田さんは10月29日、自身も中学3年生から渋谷ハロウィンに参加していたが、2年前から「酷すぎて行かなくなった」とツイート。高校生のときには「渋谷のハロウィン行って知らない男の人に触っちゃいけないような所触られた事もある」といい、

「まあ仮装してるから自分のせいなんだけど、これから行くって人はそんな事もふまえて危険な所に行くって覚悟で行った方がいいかもね。自分の身は自分で守る事です オススメはしません」

と投稿していた。以前からハロウィンの混雑に乗じて痴漢など迷惑行為に遭ったという人も少なくなかった。藤田さんの投稿にネットでは、ハロウィンに参加して痴漢に合うことは「自己責任」であると受け止めた人もいた。

「それでも反論してくる人もいるだろうし、みんなで見つめ直せるならそれでいい」