高須院長、BTSファンからの暴行・殺害予告に「今日中に謝罪なければ通報します」過去にも通報

テレビ朝日は、11月9日放送の音楽番組「ミュージックステーション」に出演予定だった韓国の男性グループBTS(防弾少年団)について、出演を見送ると発表した。

同グループのメンバーは昨年、原爆のきのこ雲が描かれたTシャツを着用していた。10月に、グループの紅白出場内定の一部報道が出た際、高須クリニックの高須克弥院長がツイッターで、メンバーのTシャツ着用について「許すべきではない」などと投稿していた。

今回の出演中止に高須院長は、「僕は親日のアーティストには応援を惜しみません。彼らが真摯に原爆被害者に謝罪するならファンになったのに残念です」とコメントしている。ただ、BTSの一部ファンの中には、出演中止が高須院長のせいだとして、怒りの矛先を向ける人も少なくはない。高須院長に暴行・殺害をほのめかす過激なツイートも投稿されている。ツイッターではその旨を高須さんに伝え、注意喚起する人も見られている。

ファンの過激発言は「更にBTSの印象悪くする」と指摘する人も